大日本プロレスを観に行ったらすごく楽しかった!撮影するならISO感度は高めで

20150701-DSC_4893.jpg

もう結構前の話になってしまいますが、先日、人生で初のプロレス観戦に行ってきたんですよ。

7月1日に札幌の東京ドームホテルで開催された大日本プロレス“真夏のビアガーデンプロレス”in東京ドームホテル札幌に。

 

同じく人生でプロレス生観戦したことない友人が誘ってくれて、男ふたりで乗り込んできた次第なのです。

20150701-DSC_5068.jpg

当日は自由席とはいえどもリングから近い席に陣取ることができ、会場の熱気に包まれながら3時間ほどプロレス観戦をしたわけなんですが、いや、すごいエンターテイメントですよ、プロレス!

例えるならあれです、ほら、子供向け戦隊ショーを大人向けにした感じ。

超エキサイティング!

要所要所でシャッターを切りながら、最初から最後まで興奮しながら観戦することができました。

初心者向けのプロレス観戦講座がある

20150701-DSC_4682.jpg

実際に観に行く前はプロレスと聞くと、3カウントで負けとかタッチで交代とか色々とルールがあり、ずぶの素人が観戦に行くとルールがわからず戸惑うかなーと思ってたんです。

でもさすがプロレス業界も新規ユーザー獲得に本腰を入れているのか、最初はプロレスルール&観戦講座から始まります。

実際にレスラーの方が何人か出てきて、基本的なルールや応援の仕方、なんとブーイングの仕方まで丁寧に実演で教えてくれました。

これは嬉しい。

メイキャップが凝ってる

20150701-DSC_4696.jpg

20150701-DSC_5053.jpg

メイクが凝ってるレスラーさんもたくさん出てくるので見ていて楽しいです。

女子プロレスにはまりそう

20150701-DSC_4760.jpg

20150701-DSC_4787.jpg

20150701-DSC_4806.jpg

この日は女子プロの対戦も1試合あったんですが、もうすごいの一言。

平手打ち・蹴る・投げるの応酬でさすがプロ!と感じた一戦でした。

このあとの休憩時間に優香さんがビールサーバーを背負ってビールを売ってまわっていたけれど、男性客の食いつきが半端なかったです。

生傷絶えない体

20150701-DSC_4878.jpg

植木崇行さんの背中

背中毛の濃さはもとより、見るからに痛そうな傷跡が大量にありました。

有刺鉄線デスマッチとかやるのかしら。

メインマッチは世界ストロングヘビー級王座前哨戦!

20150701-DSC_4907.jpg

岡林裕二vs 関本大介

最終試合は重量級レスラーによる6人タッグマッチ。

もう、迫力がヤバイ。

投げ技で叩きつけられたときの音が半端ない。

男と男の闘いっ!て感じがして、飛び散る汗も素敵に見えます!

20150701-DSC_5030.jpg

プロレス撮影には望遠ズームレンズでISO感度は高めに

使用カメラ&レンズ

リングから多少距離があるので、望遠ズームレンズがあるとレスラーを大写しにできます。

ただ望遠ズームだとレンズが長くなりがちなので、隣席の迷惑にならないように注意しましょう。

 

また、プロレス会場はかなり暗いうえにレスラーの動きが早いという撮影が難しい状況です。

フラッシュは炊けないので、がっつりISO感度をあげてシャッタースピードを稼ぎましょう。

ちなみに普段あまり使わないISO6400くらいまで感度をあげて撮影してました。

多少ノイズが出たとしても手ぶれを起こすよりだいぶマシです。

写真撮影方法
mad

北海道札幌市在住の男(1987年生まれ)です。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」やパナソニックの「DC-G9」を使って、札幌近郊の風景や動植物写真を中心に撮影しています。

このブログをフォローする
このブログをフォローする
  
madの写真帖
タイトルとURLをコピーしました