【トビイロケアリ飼育日記 5】トビイロケアリの裸蛹を観察

トビイロケアリの裸蛹を確認 2016-09-10

今日、我が家で飼育しているトビイロケアリの幼虫(コロニー1)が3匹ほど繭を作らず蛹になっているのを見つけました。

P9100231.jpg

f:id:madhatter87:20160910201039j:plain

拡大するとこんな感じ。
1mmちょっとの大きさですが、しっかりとアリの形になっているのがわかります。

ちなみに繭を作らないタイプのサナギを裸蛹と呼ぶようで、繭のみ、裸蛹のみになる種もいれば、繭と裸蛹の両方になる種類もいるようです。
知れば知るほど奥が深いアリの世界です。

ケアリ
mad

北海道札幌市在住の男(1987年生まれ)です。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」やパナソニックの「DC-G9」を使って、札幌近郊の風景や動植物写真を中心に撮影しています。

このブログをフォローする
このブログをフォローする
madの写真帖
タイトルとURLをコピーしました