無料で楽しめる小さな水族館!札幌市豊平川さけ科学館

本日は、真駒内公園内にある札幌市豊平川さけ科学館へ初めて遊びに行ってきました。

スポンサーリンク

札幌市豊平川さけ科学館とは

f:id:madhatter87:20170122175930j:plain

札幌市豊平川さけ科学館は、道立真駒内公園内に位置するサケに関してのパネル展示や生体展示を行っている素敵スポットです。
入場料は無料なので、お財布の中身を気にせず気軽に館内へ入場することができます。

札幌市豊平川さけ科学館

f:id:madhatter87:20170122180514j:plain

f:id:madhatter87:20170122180521j:plain

館内に入ってすぐの展示ホールでは、こんな感じでサケに関するパネル展示が。
いかにも科学館といった雰囲気が漂っていますが、ここの目玉はなんといっても生体展示です。

サケ科の様々な稚魚がいる「飼育展示室」

f:id:madhatter87:20170122181114j:plain
展示ホールから先に進むとサケの仲間の稚魚の飼育展示室があります。
コの字型に並んだ水槽の中には生きた魚がたくさん!

せっかくなので何種類か写真を撮ってみました。

サクラマス

P1220036.jpg

カットスロートトラウト

P1220039.jpg

ビワマス

P1220044.jpg

大きさ別にサケの仲間が観察できる地下観察室

f:id:madhatter87:20170122182654j:plain

P1220061.jpg

展示室の奥にすすむと、地下観察室へとつながる階段があります。
左手の窓の外に展示してある干し鮭の展示(!?)を眺めながら地下へと降りていくと……

f:id:madhatter87:20170122182803j:plain

そこにはこんな空間が!
大きさ別に展示されたサケの仲間を観察することができます。
幻の魚「イトウ」もいたよ!

f:id:madhatter87:20170122182922j:plain

f:id:madhatter87:20170122182955j:plain

P1220117.jpg

f:id:madhatter87:20170122183223j:plain

なぜかカエルの種類が豊富な「さかな館」

f:id:madhatter87:20170122183437j:plain

地下観察室から順路に沿って屋外へ出ると、「屋外観察池」と「さかな館」があります。さかな館では、豊平川水系に生息している水辺の生きものたちが展示されていて見応えがあります。

f:id:madhatter87:20170122183636j:plain

また「さかな館」では両生類・爬虫類の展示も行っており、円山動物園では見ることのできないカエルを見ることができる素敵スポットでした。
カエル好きにはたまりません!

アズマヒキガエル

f:id:madhatter87:20170122184158j:plain

ツチガエル

f:id:madhatter87:20170122184225j:plain

トノサマガエル

P1220128.jpg

モリアオガエル

f:id:madhatter87:20170122184312j:plain

入館料無料とは思えない楽しさ

小規模な水族館と行っていいほどのクオリティーで生体展示を行っている豊平川さけ科学館。この質の高さで入館料が無料なのは驚きですね。
そしてなにより空いているのがいい!

水族館に生きたいけれど、おたる水族館や登別マリンパークニクスまで行くのは……と思っているかたは一度行ってみるときっと楽しめる場所だと思います。

使用カメラ&レンズ

タイトルとURLをコピーしました