Dropboxの容量が怪しくなってきたのでLightroomのカタログファイルをGoogleドライブに移行してみる

f:id:madhatter87:20140618203618j:plain

スポンサーリンク

Lightroomのカタログファイルが肥大化してきた

写真の管理と現像にはAdobeのLightroomというソフトを使っています。

Adobe Photoshop Lightroom Classicの購入 | デスクトップ版フォトソフトウェア
Adobe Lightroom Classicは、デジタルフォトの作業に必要なすべてのツールを備えたデスクトップアプリです。

このLightroomはカタログという概念でファイルの管理をしていまして、写真データとは別ファイルで写真画像のサムネイルや、現像パラメータ等のメタデータを保存しているんですね。

で、そんな大事なカタログファイルなので、ローカルフォルダを同期させてバックアップをとれるオンラインストレージサービス、具体的にはDropboxを利用して今までバックアップをとっていたんですが、このカタログファイル&サムネ画像&バックアップファイルだけで7GBくらいの容量になってきたんですよ。

でも僕のDropboxの容量は9.2GBくらいしかないので、もうLightroomのカタログとバックアップだけで「お腹の中がぱんぱんだよぉぉお!」って感じになってしまってるんですね。

この状況はどうにかしないといけないと思って、Dropboxに代わるLightroomのカタログファイル置き場としてのオンラインストレージを探してみました。

ちなみにオンラインストレージとはインターネット上でファイル保管用のディスクスペースを貸し出すサービスのことです。

たとえば自分のPC上にだけ保存しているファイルは、PCのハードディスクが壊れたら復旧不可能ですが、オンラインストレージ上にファイルを保存しておけばPCのハードディスクがぶっ壊れても復旧可能になるわけです。

ストレージ運営会社が潰れたらデータが残る保証はありませんが・・・

ローカルフォルダを同期できるのが必要条件

オンラインストレージサービスといっても様々な形態がありまして、WEB上にファイルをアップロードするだけのものから、PCのローカルに作成したフォルダを指定して同期できるものから色々です。

無期限にデータを保存するならドコ?オンラインストレージ比較 – フリーソフト100

しかし、Lightroomのカタログファイルのバックアップをするという目的でストレージを選ぶ際には、ローカルにおいてあるフォルダごとバックアップ&同期をとれるということが重要になってきます。

上記の記事内で紹介してあるストレージの中では「ADrive」意外、同期機能あり。

あとは、アップロード容量・制限・運営会社の基盤 等の要素を考慮した結果、今回はあアップロード容量が15GB(2014年6月18日現在)のGoogleドライブにカタログファイルを置くことにしました。

Googleドライブの使いかた

Googleアカウントを持っていれば使用できるGoogleドライブ。

使いかたはこちらの記事が詳しく説明してくれています。

Googleアカウントの作成 ー Googleドライブ使い方講座

Googleドライブの設定が終わったら、Lightroomのカタログファイルが格納されているフォルダ「Lightroom」を同期するだけです。

これで大事なカタログファイルのバックアップをとることができました。

また、Googleドライブを使えば写真の共有も簡単にできるのでおすすめです。

※2015年11月18日追記

カタログファイルの容量を削減しつつオンラインストレージにバックアップをとる方法を模索してみました。

【Lightroom】カタログファイル本体のみバックアップ!オンラインストレージ容量を節約する方法を考えた
Lightroomカタログファイルが肥大してた 写真現像&管理用ソフトとしてAdobeのLightroom6を使っているのですが、本日Lightroomのカタログファイルが格納されるフォルダを眺めていましたら、こんなことになってました。 ...
写真関連サービス
このブログをフォローする
スポンサーリンク
mad

北海道札幌市在住の男(1987年生まれ)です。オリンパスの「OM-D E-M1 Mark Ⅱ」やパナソニックの「DC-G9」を使って、札幌近郊の風景や動植物写真を中心に撮影しています。

このブログをフォローする
madの写真帖
タイトルとURLをコピーしました