マイクロフォーサーズ中望遠マクロ「M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro」で動植物撮影

もうすぐ夏のボーナスシーズンということで、ずっと欲しかった「M.ZUIKO ED 60mm F2.8 Macro」をついに買ってしまいましたよ。

カリッとした描写と綺麗なボケが素晴らしいこのレンズ、何か撮りたい衝動にかられて雨にも負けず北大植物園に花と虫を撮りにいってきました。

スポンサーリンク

植物

温室で咲いていたハスの仲間をまずは普通に撮ってみます。

20140615-P6151187.jpg

20140615-P6151220.jpg

すごくシャープに撮ることができます。

マクロレンズとしてだけではなく、描写が綺麗な中望遠単焦点レンズとしても使えますね。

そして今度はぐいっと寄ってみます。

20140615-P6151223.jpg

20140615-P6151195.jpg

花の中心部。

等倍撮影でここまで寄れます。マクロレンズすごい。

20140615-P6151206.jpg

ぼけを活かしてふんわりと

20140615-P6151214.jpg

パイナップル科のエクメア チャンティニーの葉

焦点距離が60mm(35mm換算120mm)なので、少し高いところに吊り下げられてる植物の葉裏もこれだけ寄って撮れます。

パイナップルの実がなってたので、こちらも徐々に寄って撮ってみました。

20140615-P6151216.jpg

20140615-P6151217.jpg

20140615-P6151218.jpg

等倍撮影。F4.5でもピントがあう範囲はごくわずかです。

バラも咲いてたので撮ってみました。

20140615-P6151246.jpg

20140615-P6151240.jpg

花弁についた水滴もしっかり撮れます。

20140615-P6151243.jpg

THE・マクロ撮影といった感じの一枚。ほんとボケがきれいです。

20140615-P6151316.jpg

たわわに咲くヤマボウシの花

動物

20140615-P6151257.jpg

20140615-P6151269.jpg

20140615-P6151292.jpg

バラ園でバラの花を食べていたキタキツネ。

キツネがバラの花を食べてるところなんて初めて見ましたが、おいしいんでしょうか。それにしてもこんな市街地にもキツネがいるんですな。

20140615-P6151266.jpg

脚が生えてきたオタマジャクシ。

20140615-P6151237.jpg

エゾシロチョウの蛹

20140615-P6151304.jpg

テントウムシ科の幼虫

蛹になる直前のムチムチした終齢幼虫ですね。

20140615-P6151307.jpg

アオヒゲボソゾウムシ?

少々トリミングはしましたが、体調1cmに満たないこの虫がこんなに大きく移せることに感動です。

使用カメラ&レンズ

使い始め初日ですがM.ZUIKO DIGITAL ED 60mm F2.8 Macro、とても良い写りです。

マイクロフォーサーズ機を使用してて「マクロレンズ欲しいなー」と思っている人にぜひおすすめ。

タイトルとURLをコピーしました